活動レポート 2017/09/01

高校入学2ヶ月後にインターン始めた僕が動画を作ったお話。

こんにちは!
株式会社tyottoでインターンをしている磯山渓人です。

最近はイベントのLP作成であったり、動画編集を主にしています。

 

ちょうど動画が完成したので、動画の紹介と「なぜインターンを始めたのか」について良い機会なので話そうと思います。

 

 

自分がやりたいことは何か

中学での3年間は特に趣味があるわけでもなければ、夢もなく毎日をなんとなく過ごしていました。

 

「まだ中学生だしそんな焦ることはないだろう」と。

 

勉強も嫌いでろくにしていなかったので学力も低かったです。

 

そのためか受験が近くにつれて将来に焦りを感じ始めました。

 

「高校に行ってその先はどうするのか」

 

大学へ行く、専門学校へ行く、就職する、就職すると言っても偏差値の低い高校からじゃ良いところには就けない。

 

そこで、自分の好きなこと、やりたいことはなにか考え始めました。

 

聞いた方が早い

好きなものを考えた結果、出てきたのが建築物のデザインでした。

 

そこからデザインのことについて調べ、

Webデザインを知り興味を持ったのがきっかけです。

 

では何をすれば良いのか。そこで、実際に働いてる人に聞いた方が早いということで、その時相談したのが今僕がインターンをしている株式会社tyottoの社長、新井です。

 

経験した方が早い

いざ社長に相談してみると、

 

「実際やった方が早くね?」

 

と言われ、相談した次の週にはMacbook Proを買いインターンを始めていました。。。笑

 

(↑約1年前です。懐かしい。笑)

 

きっかけはこんな感じです。

 

ちなみに、社長との出会いは中学生の時で、その時は「家庭教師の先生と生徒」という関係でした。

 

この経験があってから、人との出会いは大事にすべきだと思っています。
いつどこでどのようにチャンスが訪れるか分からないので。

 

今後どうしていくのか

高校3年間はインターンを続けたいと思っています。

 

今自分に足りない能力を身につけるため、また何らかの形で貢献することで恩返しになると思っています。

そうでなければ、意味がないのではないかとさえ感じています。

 

(↑よく街に写真を撮りにいきます)

 

最近、フォトグラファーという夢を持ち、どんな形で仕事がしたいかなど明確になりつつあるので高校卒業後はその道に進む選択肢を考えています。

 

その夢のきっかけはまた機会があれば書こうと思います。

 

普段、何をしているか

きっかけが長くなってしましましたが、

普段どんなことをしているかということで最近完成した動画を載せます。

 

「ソフトを持っている」、「Withdomのことを知ってほしい」という思いだけで始めたのでまだまだ技術不足な面はあるかと思いますが、暖かい目でみていただけると幸いです!

 

今後はアニメーション制作にも力を入れていきたいと思っています。

 

↓動画はこちら

キャリアデザインスクールWithdomの紹介動画

 

最後に

やりたいことが見つかったらリスクを恐れず挑戦することをオススメします。

 

挑戦した結果、そこから新たにやりたいことが見つかったり、可能性が広がると思うからです。

 

僕自身、まだ高校2年生で未熟ではありますがこれからも挑戦し続けていくので、この記事を見ている高校生の刺激になればと思います。

 

もし、僕自身のことで何か気になったり、進路、将来のことで悩んでいる人がいれば@ison_303までご連絡ください!僕でよければ相談乗ります。

おすすめ記事