中学生・高校生のためのキャリアデザインスクール

注目ニュース 2017/08/03

高校生からのインターンシップ そもそもインターンシップとは?

インターンシップとは?

みなさんこんにちは。私は、株式会社tyottoでインターンをしている、高校2年生の河井雪野です。

 

インターンとは何か、知っていますか?私は少し前まで、インターンというのは、「大学生がやるものかな、、、?」「就活の前にしなきゃいけないのかな、、、?」という程度の認識でした。高校生では、これは普通の感覚だと思います。

なのではじめの文章で、少し違和感を持たれた方も多いのではないでしょうか?

「高校2年生なのにインターンをしている。」

 

私は、大学に行かずに働こうとは思っていません。1年後にはもれなく受験生になっているつもりです。なので、私がさせてもらっているインターンに「就活」という目的はありません。

 

インターンの目的

では結局、インターンとは何なのでしょう?

 

Wikipediaには、こうあります。

「特定の職の経験を積むために、企業や組織において労働に従事している期間のこと。」

 

ん?働くの?アルバイトじゃん。

これをみると、そう思ってしまいます。

しかし、私の通っている高校はアルバイト禁止です。もちろん、アルバイト禁止だから名前を変えた、というわけではありません。

 

私が思うインターンの最大の目的は、自分自身の成長です。

 

高校生にとっての社会は、学校が全てと言っても過言ではありません。周りにいる大人というと、親と先生ぐらいでしょうか。私たちは、これだけしか情報のないまま、進路を決めます。将来どうなりたいか、どんな職業に就きたいか、決めなければなりません。大学選択で自分の一生が決まってしまうんじゃないか、そんな不安もあります。これから先、定年までの何十年間が、高校2年生という若さでした決断で決まるような感覚さえありました。

 

そんな時、私はインターンシップというものを知りました。もともと、自分の興味の範囲外にあることでも、新しい発見をするのがすきだったので、何か新しいことが出来たら良いなと思い、今の会社でインターンシップをさせてもらうことになりました。

 

いま、私はインターンを始めなければ絶対に出会っていなかったであろう人達の中で、色んな話を聞くことが出来ています。高校の中にある情報はこんなにも少なく、表面的なものだったのかと実感しました。ネット上の情報も、実際にお話を聞くことには敵いません。

 

仕事を楽しいと思える人達の中にいれることは、とても刺激的でありがたい経験です。

 

インターンって何をしてるの?

私は友達に、インターンって何をしてるの?と良く聞かれます。

その度にうまく答えられず、困っています。

なぜならインターンは、アルバイトとは違い、決まったマニュアルがあるわけではないからです。

 

私はインターンを始めて間もない頃、何をすれば良いのか分からず、何かやることはありますか?と質問をしたことがあります。すると、「やりたいことがあったらやって良いよ、仕事は自分で作れるから。」と言われました。

 

衝撃的でした。

格好良い台詞ではあります。

言われる前に行動しろ、と言われたことは何度もあります。

 

でも、、、、、。

私はまだ高校生だし、ここに来たばかりだし、自分でつくれと言われても、、、、、。

というのが本心でした。

 

ただ、この返事をくれた方は、実際に自分でやりたい事を見つけ、どうしたら実現出来るのかを考え、仕事にしています。これは、学校の先生の形式的な正論より、何倍も心に残りました。

 

そして、「仕事」に対する考え方も変わりました。

仕事に対して、もともとは、ミスをしてはいけない、言われたことは完璧にこなし、人との付き合いもうまくしなければいけない、という肩身の狭いイメージを持っていました。今でも、このように仕事をしている人は沢山いると思っています。

 

しかし、それだけではないのです。

 

仕事が楽しい、と心から思えている人は、やりたいことを仕事に変える力を持っている人なんだなだと思いました。

 

私は、新しいことを考えることや、誰もやってこなかったことをするのが好きなので、思いついたことを実現させられる力を付けたいと思っています。そして、自分の良いと思ったものを伝えることが上手くなりたいです。

 

インターンシップとは、実際に働く方を間近でみながら、自分自身の付けたい力や、成長したいことを身につけていくのにとても良い環境なのではないでしょうか。

 

 

お読みいただきありがとうございます。

もし悩み事や気になることがあれば、私もしくはWithdomに気軽に相談してください!