中学生・高校生のためのキャリアデザインスクール

注目ニュース 2017/07/20

株式会社tyottoの神奈川県県立高校生学習活動コンソーシアム参加のご報告とプログラムのご紹介

この度、Withdom武蔵小杉校を運営する株式会社tyottoが、神奈川県教育委員会の活動の一環である「県立高校生学習活動コンソーシアム」に参加することとなりました。

 

このコンソーシアムに参加しているのは主に企業や大学で、塾・予備校運営会社での参加は史上初だそうです。

 

本記事では、参加のご報告と参加に伴うWithdom武蔵小杉校の今後をお伝えします。

 

県立高校生学習活動コンソーシアムとは

コンソーシアム発足の経緯は以下の通りです。公式HPより抜粋します。

 


“県教育委員会は、県立高校と大学や短大・職業技術校等、専修学校各種学校の教育機関及び企業、研究機関との連携を拡充するとともに、生徒の主体的な学びへとつながる様々な教育機会の提供の充実を図り、神奈川の教育や産業の発展に寄与することを目的として、県立高校生学習活動コンソーシアム協議会を設置しました。”


 

上記からも分かる通り、これらからの時代を生き抜くためには”主体的に学ぶ”ということが必要不可欠となります。ただ、生徒は英数国理社に代表されるような科目の内容しか学ぶことができない現状があるのもまた事実です。

 

そこで、私たちWithdom武蔵小杉校や大学、各企業がキャリア教育や専門的な学び、ワークショップなどを行うことで高校生の視野を広げ、好奇心を刺激する役割を担います。

 

これまでに実施したプログラムと実施予定のプログラム

プログレスタイム

Withdom独自の時間で、小集団形式でのグループワークを行い課題解決や自己理解に取り組んでいます。
これまでに実施したテーマの一部を紹介すると、以下の通りです。

 

・シンギュラリティ
・アベノミクス
・SDGs ~自分たちだけのオリジナルNGOを作ろう~
・マインド …

 

今後実施予定のテーマをいくつピックアップすると、

 

・キャリアデザイン
・労働・働くとは
・ワークライフ・バランス
・アントレプレナーシップ
・ファイナンシャルリテラシー …

 

上記の通りです。

どのテーマにしても、一貫して「自分や社会を知り予測不可能性に満ちたこれからの時代においてどう生きていくかを、他者との協働を通して学ぶ」という目的で行います。

 

出前授業

中高生の視野を広げるべく、自分たちの教室内だけでなく学校での出前授業も行っております。
写真は、先日大阪の常翔学園で出前授業を行った時の様子です。

 

授業後に参加者全員に対して行ったアンケートの一部を紹介します。

 

この他にも、

 

「2年生のうちに進路についてもっと考えておく必要がある」

「当たり前を疑う気持ちを持とうと思う」

 

など、授業を通して考え方が変わった生徒や授業後実際に自分で今後の社会について調べたり、自分でビジネスをやるにはどうしたら良いかを経営者に聞きに行ったりと実際に行動を起こした生徒も中にはいました。

 

今後のWithdom武蔵小杉校

コンソーシアムに参加したことにより今後は神奈川県内の県立高校で、上記に挙げた出前授業を行う機会が増えるかと思います。

 

『教育で社会の限界をなくす』という壮大なビジョンを持ちつつ、目の前の生徒一人ひとりの限界を無くすことに今以上に邁進して参りますので、これからもWithdom武蔵小杉校を何卒宜しくお願いいたします。

 

 

【お問い合わせ先 】
神奈川県教育委員会教育局指導部
高校教育課高校教育企画室
高校教育企画グループ
〒231-8509 横浜市中区日本大通33
TEL. 045-210-8254  FAX.045-210-8922