中学生・高校生のためのキャリアデザインスクール

注目ニュース 2017/07/26

高校生シリコンバレーレポート Day5後編

シリコンバレーで終わらせない。これから

 

シリコンバレーツアー最終日、午後となり、いよいよ終わりを迎えます。

 

この5日間、色んな方と出会いました。

色んなことを考えました。

色んな気持ちが変化しました。

 

それは、私だけでなく、他の参加者の方々も同じです。なので、この5日間で考えたこと、日本に帰ったら今回の経験をどう生かすかを大きな木の下で話しました。参加者同士でも影響を与えあっていたので感謝や応援など、様々な話が出ました。

 

 

私はずっと、伝えるのが苦手だなと思ってきたのですが、この頃には自分の考えてきたことを纏っていないながらも積極的に伝えるようになっていました。私は、この5日間で自分自身が成長したことがありがたく、嬉しかったですし、皆さんには言いたいことがたくさんありました。しかし、それだけではなく、私も周りの方に新しいことを考えさせ、ハッとさせる存在だったんだと知りました。

 

それぞれ、経歴の全く違う人たちが集まっていたからこそ、各々が普通だと思っていることを共有するだけで新しい学びに繋がるんだなと思いました。

 

 

そして私は、色んな人と関わり、話を聞くことが大好きなんだなと思いました。こんなに学びがあるのなら、今回意識していた自分から積極的にはなすことをこれからも続けたいです。

 

夢はなんですか?

 

最終日の夜、ちょうど、シリコンバレーに暮らしている日本人の交流イベントがあり、参加させてもらうことが出来ました。

 

そこには、インターンをしにシリコンバレーに来ている大学生や、世界的に有名な起業家の方、ツアーでお話を聞いて来た方など様々な方がいました。ツアーの主催の方のご配慮で、急に、30秒で自己紹介や考え、夢を語るという企画に参加することになりました、、。

 

たくさんの人の前で話をした経験はあまりなく、時間の制限もあるということでとても緊張しました。今、私に言えること、言いたいことは何だろうと急いで頭を回転させました。そして、自己紹介と、コンピュータサイエンスに興味を持ったことを話し、無事29秒にまとめることが出来ました。

 

終えることができて安心していると、1人の人に話しかけられました。その方はgoogleの方で、コンピュータサイエンスの研究をしている日本の方を紹介してくださりました。そして、日本に帰ってからお話をさせてもらえることになりました。

 

緊張しながらもやりたいことを発信したことで、結びつけてくださる方がいたり、高校生と覚えてくださる方がいたりと、伝えることには良いことが多すぎました。今までそれに気づかず、一歩踏み出せずにいたことは後悔しますが、気づくことができて本当に良かったです。

 

最後に・・・

 

私は、大きな夢もなく、大人と関わる機会も少ない、普通の高校生でした。身の回りのことに少しの不満はありつつも、それなりに楽しく過ごしていました。シリコンバレーツアーを知らないまま生活していても、不自由はなかったと思います。

 

ただ少しの興味でシリコンバレーに行ってしまったことで、色んな気づきを得られました。やりたいことが増え、楽しいと思えることも増えました。

 

私がこれからどうなっていくかは、まだわかりません。ですが、どんな大学にいっても、どんな仕事についても、今回学んだことは、大切なこととして、私の中で生き続けます。

 

大きな夢があったり、現状を変えたい!と思ってる人はもちろんですが、私は、今なんとなく楽しいと思っているけれどやりたい事は特にない、という人にこそ、色んなものを見て選択肢を広げて欲しいと思います。

 

シリコンバレーに行ってみて、私は本当に楽しかったです!!!!!

 

 

シリコンバレーに興味を持った方は

次回、シリコンバレーツアーは冬に開催予定です。

一緒に人生を変えましょう!!

 

高校生シリコンバレーツアーって何?概要を知りたい方はこちら!