中学生・高校生のためのキャリアデザインスクール

注目ニュース 2017/07/25

大阪府の常翔学園高校でキャリア講演を実施しました!

7月18日と19日の2日間にわたって、大阪府にある常翔学園高校でキャリア講演を実施しました。

 

今回は、世界経済フォーラム(通称ダボス会議)が主催している、優れた潜在能力や実績・社会貢献に強い意思を持つ33歳以下の若者で形成されるグローバルシェイパーズコミュニティ大阪ハブの方々と一緒に参加させていただくことに。

 

講演とその後のクラス毎のワークでは、

 

・幼少期〜今までの経験

・現在の仕事の内容、現在の仕事をするきっかけ

・当たり前を疑うこと・アクションを起こすことの重要性

 

を中心に、高校生に対して話をし意見や質問を出し合ってもらいました。

 

 

講演をしていて特に印象深かったのは、

講演を通して「人生には様々な選択肢がある」ということに気づかされる高校生が多かったということです。

 

これは、

 

・大学受験は必ずするもの、高校卒業後は大学進学するのが唯一の進路

・高校卒業 → 大学進学 → 企業就職

 

というイメージが高校生の中で根付いてしまっていたことを裏付けていました。

 

そのため、参加後実施したアンケートには「視野が広がった」と回答する生徒が大半。
講演後実際に、海外の大学について自分で調べたり、経営者の方に個人的に話を聞きに行くなど実際にアクションを起こした生徒も中にはいました。

 

以下に、アンケートの回答の一部を載せます。

1.

2.

3.

4.

今回のイベントを通して

やはり、高校生は自分の将来や今後社会がどのように変化していくかなど、普段考える機会やきっかけがあまりないようです。

 

今回の講演の様子を見てもわかる通り、このように講演を実施し”考えるきっかけ“を与えるだけでも、高校生の視野は広がり、進路選択や物事の考え方に変化をもたらすはずです。

 

講演はあくまできっかけに過ぎず、ここから具体的なアクション、”一歩踏み出す“ことが最も大事なので、今後はそのアドバイスやフォローもできればと考えております!

 

常翔学園の生徒、職員のみなさま、貴重な機会を本当にありがとうございました。

 

 

講演依頼は随時募集しておりますので興味ある学校や団体さんいらっしゃいましたら、問い合わせフォームよりどしどしお問い合わせください!