中学生・高校生のためのキャリアデザインスクール

注目ニュース 2017/07/24

高校生シリコンバレーレポート Day4

夢を実現させるには

シリコンバレーで過ごす日も残り半分を切り、残り2日となってしまいました。もっと居続けたいという気持ちと、ここまで濃すぎてまだ2日も残っているのかという思いで朝を迎えました。

 

4日目は山本さんの講演から始まりました。山本さんは、これまでお話を聞いてきた方とは違い、ご自身がこれからやりたいと思っている「夢」についてお話をされました。

 

それは街を作りたいという壮大なものでしたが、漠然と夢見ているだけでなく、実現に向けて理念や方法なども考えて実際に行動されていました。

 

これまでの色んな方のお話で、何をするにも気持ちが大切だということは気づいていたので、気持ちを持った時点から実現するまでの具体的な話はとても分かりやすく、行動することでしかやりたいことは達成できないんだなと思いました。

 

Who are you?

このツアーは、2日目の朝にヨガを行なったように、自分自身を見つめ直して心をスッキリさせるというのも一つのテーマとしてありました。なので、スタンフォード大学でマインドフルネスの先生をしていらっしゃる重松さんという方にお話を伺いました。

 

 

そこで、心を落ち着かせ様々なことに気づくために、ペアになって自分は誰なのか、を相手に説明してみたり、自分の好きなことな何か、を話したりしてみる時間がありました。自分のことを話すと、相手が受け止めてくれます。そして私の知らない情報を知ることが出来ます。

 

これは、初日に聞いたギブアンドテイクのお話にも通じるところがあるのかなと思いました。

 

私自身でもよく分かっていない自分についての問いに答えることは、とても難しく、なにを答えたら良いんだろうと考えるだけでも新しい発見ができました。私は、折角このような機会があったので、一度きりにせずに続けていけるようになりたいです。

 

久しぶりに日本食を食べました。

 

4日目の夕食は、シリコンバレーにある日本食屋さんに行きました。

 

ご飯屋さんまでは少人数で住宅街を歩きました。道中、小さな子と散歩をしているお母さんがいたり、スピーカーを担いだ地元のラッパーのような方とすれ違ったりと歩いているだけで楽しかったです。

 

 

日本食屋さんでは、久しぶりに見るお味噌汁やおにぎりに、初めて日本が恋しく感じました。やっぱり日本食は美味しかったです。日本食屋さんに行ったのは、ここにいる店主の方が日本人で、昔からシリコンバレーの地を見ている方であることと、キャラクターか面白い方だったからです。

 

 

その方がおっしゃっていた英語を勉強した方がいいという話は、誰に言われるよりもすっと入ってきて、それこそ、海外に少し興味を持ってしまった私はどんどん英語を勉強しないといけないんだなと思い、いつの間にか考えが変わっていた自分には本当に驚きました。

 

シリコンバレーレポート Day5前編はこちら!

次回記事ではシリコンバレーレポート5日目、前編の様子をお伝えします。

 

高校生シリコンバレーレポートDay5前編はこちら!

 

高校生シリコンバレーツアーって何?概要を知りたい方はこちら!